ΥܡĶĢߥ˥ƥ
˥塼 ֥  ĶĢWiki  ե  ĶĢΥΥܥȥ

« 習慣化の取り組みよる効用2:忘れにくくなる&怠けにくくなる | メイン | さまーしーずん A7メモカバー(1) »

2007年08月12日

柑橘系ビター

おもしろツール(5)

 

 

みなさん、お元気ですか。

梅雨がなかなかあけないと思っていたら、今度は暑い暑い夏。

昨日の東京練馬の最高気温は36.7度だったようです。

熱中症で死亡、重体の人も出ているようです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070811it13.htm

 

 

超整理手帳に関連したちょっと変なおもしろツールをご紹介するこのコーナー、今回は秋葉原で見つけた暑さ対策のツールをご紹介します。

 

熱中症を防ぐには暑い場所を避けるのが一番ですが、どうしても暑い場所を避けられないときもあるもの。そんなときに、便利なツールを見つけました。MAGICOOLという「超冷感持続スカーフ」です。手帳カバーに挟み込める超薄型。いざというときには、近くのお手洗いに駆け込んでこれにたっぷり水をしみこませます。すると、水を吸ってみるみる膨張。あとは、これを首やおでこに巻くだけ。特殊高分子ポリマーが吸収した水分が蒸発するときに奪われる気化熱を利用しているようです。濡れ手ぬぐいを首やおでこに巻くことがありますが、すぐに生暖かくなって、乾いてしまいます。これに比べると冷感が持続するようです。アイスノンのようにひんやり、クールというわけにはいきませんが、緊急用として手帳にはさんでおけて、乾かせば何度でも使えるという点ではなかなか便利なものかもしれません。

http://www.daisaku-shoji.co.jp/p_magicool.html

 

 

 

 

P8132755.JPG

手ぬぐいはちょっと分厚すぎますが、これなら結構薄いので、手帳カバーにはさんでおけます。

 

P8132757.JPG

水を吸うと、こんなに膨張します。驚くべき吸水力。パッケージには冷感持続20時間以上と書かれていますが、それくらいは十分持ちそうです。

 

 

たこの八ちゃんみたいだ(八ちゃんって、おでこに手ぬぐい巻いていましたっけ?)と言われながらも、これで死を防げるなら.....

私も昔熱中症になったことがあります。海辺でアルバイト。そのときは、自分ではそんなに体調がおかしいと感じていませんでしたが、知らないうちに体の中に熱がこもってしまっていたようです。家に帰ってから39度の高熱が続きました。暑いときには、水分をたくさんとって汗をたくさんかくことにより体から気化熱を出すことが必要のようです。そのためには、吸水性のよい下着やシャツがよいようです。

今日も昨日と同じくらいの最高気温が予想されているようです。皆様も、それぞれの暑さ対策をされてこの夏を乗り切ってください。

 

では、またお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ブログを書くならBlogWrite

投稿者 柑橘系ビター : 2007年08月12日 06:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nogulabo.net/MT/mt-tb.cgi/1103

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.