ΥܡĶĢߥ˥ƥ
˥塼 ֥  ĶĢWiki  ե  ĶĢΥΥܥȥ

« 「超」勉強法的英語勉強法 | メイン | A6 SHOT NOTE 革ホルダー の作製 »

2011年05月15日

柑橘系ビターガジェット

テザリング体験記

 

スマートフォンがWi-Fiルーターの機能を果たすというテザリング機能。

結構便利なものです。

iPhoneを使っていましたが、auのHTC evoに変えてみました。

最近テザリングってよく聞くけれど何かいいことがあるのだろうか、という方は参考にしてみてください。

 

cameraroll-1305437675.042772

 

evo(イーヴォ)を持っていれば、iPhone(抜け殻で単体では通信できないもの)やiPadをネットにつなぐことができるので大変便利です。

evoはWimaxという下り最高40Gbpsの高速モバイル通信回線に対応しているので、ブラウザでの画像などの表示は非常に早く感じられます。

また、画面が4.3インチ(iPhoneは3.5インチ)と大きいので、わたしのような年配者には優しく、文字が読みやすい。

 

実際には、evo自体では下り8Gbps程度程度の速度が出るのですが、テザリング機能でiPhoneやiPadをつないだ場合は0.5Gbps程度となってしまいます。

また、バッテリーの減り方は大変早いので、付属のバッテリーの約2倍(3,500mAH)の大型バッテリーを載せ替えています。

Android系でも、evernoteやsugarsync、dropbox等とりあえず必要なアプリは見つけることができますが、bylineやリスニングNEWSプロのような超優良アプリはまだまだ少ないようです。

(画面にあるSHOT NOTE用のアプリもありません)

これらを使うときには、テザリング機能でiPhoneを使うということになります。

 

iPhoneだけで必要な機能を全て満たしてくれる、家以外ではさほど回線速度は速くなくても3Gで充分、iPadやPCも家以外ではネットにつないで見ることはない、というのであればテザリングの必要性はないでしょう。

しかし、通話最少のプランで毎月割を効かせれば月間5千円弱で、evo自体は8Gbps程度の速度が確保でき、回線速度は期待できないがどこでもiPadやiPhoneでも使えるというのはなかなか素晴らしいコストパフォーマンスだと思います。

例えばちょっとした旅行に出たときに、iPadを地図や旅行ガイドブック代わりに使うと大変便利です。

そんな時には、テザリング機能が大変重宝します。

 

上記のようなニーズを持った方にはお勧めできるがガジェットだと思います。

docomoもついに、LTE系のテザリングに対応したスマートフォンを出すようですので目を離せません。

LTEの方が最高速度は速いようで、また、世界的にもネットワークが広範囲にわたっており、今後モバイル通信の主流となるかもしれません。

但し、この数年に限ればauのWimaxテザリングのコストパフォーマンスは他社に抜きんでた状況が続くかもしれません。

 

7インチの薄型タブレットでマルチタッチのandroid3.0とWindows7のデュアルブート機を期待しつつ、お別れです。

投稿者 柑橘系ビター : 2011年05月15日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nogulabo.net/MT/mt-tb.cgi/1621

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.