ΥܡĶĢߥ˥ƥ
˥塼 ֥  ĶĢWiki  ե  ĶĢΥΥܥȥ

« 手帳とこよみ(1) | メイン | Rechargeable Hyper Reading Light »

2012年02月13日

柑橘系ビタースケジュールシート

手帳とこよみ(2)

 

こんにちは、柑橘系ビターです。

大変寒い日が続いていますが、皆様お元気でしょうか。

2月4日からは二十四節気の中の立春です。「春」という字がつくのになぜこんなに寒いのか。今まで、そんなふうに思っていました。

しかし、立春は冬と春との分かれ目という意味だそうです。つまり、春の始まり=寒さの極みということなのです。「春立つ」というのは、これ以上は寒くならない、これからは暖かくなるだけ。「寒さ極まって春の気きざす」という中国の思想に基づいているとのことです。(「暦の百科事典2000年版」暦の会事務局編集 本の友社 p318)

さて、二十四節気を更に3等分して、1年を5日ごとに区切ったのが七十二候です。古代中国人が動植物の変化や自然現象を季節に表したものです。

次の表は、明治時代の略本歴によるものです。

24節季72候(一覧表)-1

 

 

「超」整理手帳のスケジュールシートに二十四節気・七十二候が自動表示されるようにしてみました。4月20日の欄に「穀雨 葭始生」(こくう あしはじめてしょうず)が表示されています。(私のスケジュールシートは超整理手帳の2ページ見開きのバーティカルタイプです)

超整理手帳リフィル 24節季 72候-1

 

銀座中央通りの京橋付近に「はな街道」というのを見つけました。歩道の花壇には色とりどりの花が植えられ、その中に小さなプレートが立てられています。プレートには二十四節気や七十二候が表示されています。

2011_11_27_12_02_19-1

 

二十四節気の名称はほぼ中国で発明された時のままのものが使われていますが、七十二候の方は改暦の都度見直されています。日本気象協会では、2012年秋までに日本版二十四節気づくりを目指すとしているようです。

http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3681/

 

さて、いかがでしたでしょうか。

皆さんも、手帳の中にちょっとした季節感を盛り込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

P.S.

前回お伝えしましたが、2年ほど前にこのブログに連載した「超」整理法的英語学習法考の記事を再構成して出版した電子書籍の続編「スマホ利用の最強英語学習法(2)」ができました。無料です。動画・音声による英語のニュースページもたくさんご紹介しています。Pod cast等も利用すれば素晴らしい英語教材として使えるページがたくさんあります。

 

ところで、この数年間で英語の学習環境も随分進展してきました。そこで、実用的な英語の学習で最も重要な語彙力のレベルアップを中心に、最新技術を盛り込んだ以下のような学習方法について新しい本にまとめてみようと思っています。

自分の英語のレベルをチェックしたうえで、

自分の読みたい、聞きたい英語の原文自体を教材にして

最新のソフト、アプリを使って

④その教材から自分のレベルを超える部分のみを抽出して

⑤抽出した教材を暗記用のアプリを使ったり

倍速、四倍速の高速学習方法を使ったりして

iPhoneやアンドロイド系スマホやPC、iPad等で学習する方法について

⑧一つ一つ具体的な手順を追いながらご説明していきたいと思っています。

⑨おまけとして、実際に上記手順で作った「超」整理手帳用リフィルpdfファイル、音声ファイル、エクセルファイル等も付けたいと思っています。

自分の読みたい、聞きたい英語の原文から自分のレベルを超える語彙を抽出するために、プロ用のツールであるコンコーダンサというソフトを使っていきます。今までは翻訳家や語学研究者等のプロのみにしか使われていませんでしたが、この本でご紹介することにより一般の方にも広く使っていただけるようになるとよいと思っています。無料で比較的使いやすく多機能なコンコーダンサが公開されています。細かな設定の仕方についても一つ一つのステップを追って具体的にご説明していきたいと思っています。語学学習に大変役立つこのようなソフトを使わない手はないと思います。

また、単語を覚える方法は人によってさまざまだと思います。単語カードのようなもので視覚的に覚える方がよいという人や音声を併用して覚える方がよいという人など様々だと思います。スマホで使えるカード式の暗記ソフトや倍速・4倍速で聞きながら覚えるための音声ファイルを作る方法、英単語のリストに一瞬にして和訳を付ける方法、これら単語の英和対照のリストを作り簡単に「超」整理手帳用のリフィルにする方法などについても、具体的な手順をご説明したいと思っています。いろいろな方法をお試しのうえ自分に合った学習方法を見つけていただければと思います。。

既にあるハードウェア、ソフトウェア、サービスを組み合わせることにより、上記のような素晴らしい学習法が実現出来てしまうようになりました。私はこれをマッシュアップ学習法と呼んでいます。是非、最新の技術の粋を利用したマッシュアップ学習法を身に着けることにより、英語力の飛躍的なレベルアップを図り、英語での情報収集、情報発信に役立てていただければと思います。

以上のようにたくさんの内容を盛り込もうと思っていますので、出版まで暫く時間がかかると思います。また、内容についても一部変更があるかもしれませんのでご了承ください。

 

仮タイトル「誰よりも早く使ってみたいマッシュアップ英語学習法」価格未定

 

(※1)
マッシュアップとは、もともとは音楽用語で複数の音源を組み合わせて一つの曲にするという意味ですが、転じてIT用語として複数の異なる技術やコンテンツを複合させて新しいサービスを作るという意味にも使われています。私はこれをさらに広い意味でとらえ、既存のハードウェア、ソフトウェア、サービス等を組み合わせることにより効果的、効率的な学習法を作るという意味で使っています。

.

.

.

投稿者 柑橘系ビター : 2012年02月13日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nogulabo.net/MT/mt-tb.cgi/1634

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.