ΥܡĶĢߥ˥ƥ
˥塼 ֥  ĶĢWiki  ե  ĶĢΥΥܥȥ

2008年11月04日

yamamoto手帳カバー

スタッフブログがまた一つ始動します

みなさん、こんにちは。ノグラボの山本です。


ノグラボスタッフのブログが一つ新しく立ち上がりました。
手帳遊戯
外部の無料ブログで開始しています。


これから、写真と記事で手帳カバーを次々とレビューしてみるそうです。
ずっと昔の手帳コーナーをデザインしてくれていたスタッフでもあるので、
きっと、独特の視点から鋭いレビューを行ってくれることでしょう。
注目ブログとして、皆様おひとつよろしくお願いします。

投稿者 Nogulabo : 01:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月07日

yamamoto

デュアルカバーを使い始めました

みなさん、こんにちは。
ノグラボの山本です。

さてさて、僕自身はどんなカバーを使っているのか。
もちろん、ノグラボで扱っている商品はラインナップごとに全部使うようにしています。
全色は当然無理ですけど、ラインナップのうち一つは実際に使って、
使い心地を試すようにしています。
その中でも、やはりお気に入りのものというのは出てくる訳で、
現在のお気に入りは、オーソドキシーのminiデュアルカバーです。
R0014930.JPG

このminiデュアルカバー、とっても気に入っています。
今のところ、気に入っている点は次の通りです。

1.A7のメモとTo-Doの両方を入れられる。
デュアルだから、表裏両方に差し込んでいます。
R0014932.JPG

R0014933.JPG

表から見ると、紺色の方がアイディアメモで、ベージュの方が緑になってます。
色のコントラストがはっきりしているので、間違うことがありません。
その他、名刺やフィルム付箋なども挟んでいます。
ペンは、ペリカンのボールペンがお気に入り。折り目に差し込んで使っています。

2.手に収まるサイズが心地いい
オーソドキシーの革って触っていて本当に心地よいのです。
でも、通常の手帳カバーや鞄だと手のひらに収まるって感じじゃないんですよね。
お財布や定期入れは中に入れるものがたくさんあるし、
いつも手で触っておくというわけにはいきません。
その点、A7メモは、中にそれほどの量を入れないので、
すっぽりと手の中に収まる感じです。
すりすりしていると、少しずつツヤが出てくるのもわかります。
こんなにカワイイカバーってそんなにないですよ。

3.コバを眺めてうっとりとする
なぜ、4種類のminiカバーの中から紺×ベージュの組み合わせを選んだか。
実は、2年前のデュアルカバーの時も相当悩んだ結果、黒×チョコにしたんですね。
あれはあれですごくよかったのですが、紺×ベージュの組み合わせ、
あの時からずっと心ひかれていたのです。
その理由は、「コバが美しい」ということ。

つまり、ベージュと紺の革を組み合わせて、コバ磨きで仕上げると、
二つの色の革が重なった部分が、バームクーヘンのようにきれいな層になるんですよね。
R0014934.JPG
この写真でわかりますか?
これはずっと眺めていても飽きないぐらいキレイです。

あ、あまりにフェチな理由ですみません。。
実はわたくし、中学校の頃から革製品のステッチを眺めて、うっとりとしていました。
ノグラボでこんなことをやっているのも、自分のフェティシズムゆえなのかもしれません。

というわけで、miniデュアルをお進めする理由、
あまり多くの方には賛同が得られないかもしれませんが、
個人的にはこう感じている、ということでした。

さすがに、こんな内容はニュースの方に書くわけにはいきませんね。

投稿者 Nogulabo : 16:49 | コメント (1) | トラックバック

2006年11月06日

yamamoto

ノグラボのこと

みなさん、こんにちは。
ノグラボの山本です。
ひそかに「うおかま」ファンだったりします(笑)。

みんなが自由に書いているのを見ていると、
僕も書きたい衝動が生まれてきたので、こちらにも顔を出すことにしました。
こちらのコーナーでは、自由に書かせていただこうと思います。

さてさて、私事で恐縮ですが、
改めて自己紹介代わりにノグラボの経緯などをちょっとまとめてみました。。
僕自身がノグラボに参加してはや11年目。
当時、野口教授は東大に移籍したばかりでした。
最初はネットのリサーチャーとしてのアルバイトだったのですが、
いつの間にかホームページの作成に携わり、
そのうちスタッフたちが面白いネタを次々と持ってくるので、
それを野口オンラインに組み込むということをやっているうちに、
すっかりはまってしまいました。

ノグラボっていろんな大学の学生が集まってくるんですよね。
今も、文系と理系の学生、両方が参加してくれています。
コンピュータサイエンス専攻の学生は、新しい技術を披露してくれたり、
ネット上の新しいネタを教えてくれたりします。
経営系の学生は、手帳の販売戦略を考えてくれたり。
mixiのようなSNSなんて、3年前に学生が熱く語ってましたからね。

で、こういった学生たちが集まってプロジェクトをやると、
その過程で苦労したり失敗したりしながら、みんなとても成長していきます。
最初はちょっと頼りないかも、と思っていた学生スタッフが、
そのぐちぐんぐん成長していくのを見るのはとても楽しいものです。
就職活動の時の面接でノグラボのことを話すとすごく評価されるとか。
OBも時々連絡をくれたりします。
なんだか大学の外にあるゼミみたいですね。
僕自身も、5年前に九州の大学に赴任して実際に大学で教えるようになりました。
なので、そのうち「ノグラボゼミ」と改名するかもしれません。

というわけで、ノグラボがあまりにユニークな集団だったので、
野口教授が東大を退職した後もノグラボを存続させたいと思い、
ノグラボをプロフィット部門に変えることにしました。
その方法の一つが手帳カバーの開発と販売でした。
それまでも、大銀行のナレッジマネジメントシステムの構築に参加したり、
とあるコミュニティサイトを構築したり、いろんなことを試みていたのですが、
手帳カバーが一番ユーザの方からの反響が大きかったので、
じゃあ、これに集中してみようと思った訳です。

ところが、僕自身、元来の文具好きが顔を出してしまい、
カバーの開発にすっかりはまってしまいました。
イームズカバーなんてちょっとしたアイディアだったのですが、
実際に作っていく過程で、モノを生み出す醍醐味を知ってしまったのです。
さらに、ユーザの方々とのコミュニケーションも面白いのですよね。
オフ会やインタビューをやるごとにいろんな事例を聞くことができたりして。
僕自身、昔と比べると手帳や時間管理に対する考え方がずいぶん進化したなあと思います。

そうこうしているうちに、もう11年。
あれ? 時が経つのは早いですね。
来年はノグラボにとってどんな年になるんでしょう。
「超」整理手帳コミュニティをさらに発展させられるよう、
いまから「プラン」を練っておこうと思います。

私事の記事ですみません。
次回からは、カバーのお話を少しずつしていく予定です。

投稿者 Nogulabo : 21:09 | コメント (0) | トラックバック

「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.