ΥܡĶĢߥ˥ƥ
˥塼 ֥  ĶĢWiki  ե  ĶĢΥΥܥȥ

2007年10月28日

Moai

オフ会!

というわけで、本日はオフ会でした。

台風で足下のお悪い中、初めてお越しの方や、結構遠くからお越しになった方などもいらして、前回に比べると人数は少なめだったものの、やはりいろいろ示唆に富んだオフ会だったと思います。

個人的には、転記という作業を前向きにとらえていらっしゃる方って意外と多いんだなぁ、というのが収穫でした。

転記、嫌いなんですよ。できればやらずにすませたい、無駄な作業なんじゃないかという感覚があって。

 

ただ、転記により整理されるとか、転記するときに考えて、違う言葉で書くこともよくある、なんてコメントがあったり。

メモにしろToDoにしろ、転記することで見えてくることを見逃していた部分があるかもしれません。ちょっとやってみようかな、なんて思ったり。

しかし三日坊主になる可能性がかなり高いんじゃないかとすでに思っているのがつらいところです(^^ゞ。

ブログを書くならBlogWrite

投稿者 Moai : 01:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年09月09日

Moai

とある集会

本日、都内某所で、「超」整理手帳関係者の集会が開かれました。

オフィシャルには流れていないあれやこれやがありますが、そんなのはさすがにかけません。


しかし、今回手帳カバーはオリジナルもノグラボも含めてやってくれましたねー。というかんじになりましたよ。ああああすげー書きたい。

しかもほかにもサプライズが。。。

書いてよさそうなところと言えば。。。

あ、そうそう、

和紙のも、オーソドキシーの新作も、予想以上に軽いです。これまでオリジナルに比べて重いんだよなー、と不満に思っていた部分は、結構解消されるかもしれませんよ?

投稿者 Moai : 23:40 | コメント (0) | トラックバック

2007年08月02日

Moai

そうきましたか

なにがどうきましたかって

http://blog.moura.jp/datebook2007_blog/2007/08/post_77f1.html

カンガルーホルダの記事。

カンガルーホルダにペンホルダがつくようになったという。

 

いやね、古くからの読者の方々はご存じの通り、私は

http://www.noguchi.co.jp/MT/user/archives/2006/10/post_16.php

でご紹介しているように、別にペンホルダを買って挿入していたくらいなので、カンガルーホルダにペンホルダの機能がつくのは嬉しいんです。

嬉しいんですが、、、

 

私が使っているペンホルダは、結構壊れやすいんです。

あの構造ですから、そんなには丈夫に出来ない。

そこにもってきて、ペンの先の方がどこかに引っかかるってぇと、てこの原理で力が数倍になる。

耐えきれるもんじゃありません。「ビッ」って、輪っかのクビのトコロ、接着部分が泣き別れます。

 

まあ、300円しないペンホルダがイカレタとしてもそれはそれでね、割り切ることは出来るんですが、カンガルーホルダは、どうなんだろう?

 

ドキドキしながら、製品を待ちたいと思います。

ブログを書くならBlogWrite

投稿者 Moai : 22:59 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月04日

Moai

私事ながら

転職することになりました。米系企業に。

 

就職に際しての雇用契約書、英語でした。

頑張っても7割ぐらいしか分かりませんでしたが、年収と有休と週休2日は確認できたのでサインしたんですが、

 

問題は、その契約書がレターサイズだったことです。

はたして今後の「超」整理手帳生活はどうなってしまうのか?

ブログを書くならBlogWrite

投稿者 Moai : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2007年05月13日

Moai

ふせんをしまう

ども、こんにちは。ゴールデンウィークもういちどこないかしら。Moaiです。

さて、ちょっとこのユーザーブログに検索をかけてみて、

ちょっとびっくりしたことがあります。(最初の一行は何だったんだ!)

 

それは、「ふせん」で検索をかけてもヒットしない、という事実。

な、なんだってー! 

と、MMRのように叫びそうになってしまいましたが、

叫んだところで近所迷惑なだけなので止めておきます。

 

じゃあ、ふせんのネタひとつあげておこうじゃないかと、いうわけで

 

ブログを書くならBlogWrite

す。

ま、ふせんをいかに有効活用するか、というようなことは

他の方に譲って、ここでは、ふせんの手帳への収納方法

(私版)をお伝えしようかと思います。

私が使っているのは、ノグラボストアでも売っている

フィルムふせんです。紙のふせんに比べて、一枚あたりの

厚みが全然ない点、横幅が「超」整理手帳にちょうどいい点、

などが気に入ってます。

書き味では紙に一日の長がありますが、まあ誰しも欠点は

あるものです。

このフィルムふせん、物自体は薄くていいのですが、

買ったときについてくる台紙はかなりしっかりしていて、

それなりに厚みがあります。

ま、包装として考えたときには何の問題もない、というかむしろ

良心的です。しかし、手帳にいれるときにはやはり薄い方が

いいというものです。

また、この台紙のまま手帳のポケットに入れてしまうと、

書く前にポケットから出さねばならず、面倒な上に、電車の

中などではそもそも付せんになにか書こうという気すら

起きないということになりかねません。

ではどうすればいいのか。

私は、A4クリアフォルダをひとつ犠牲にして、

手帳用ふせん台紙を作り、そこに貼り付けています。

A7用のはこんな感じになっています。

A7用ふせん台紙の写真

あー、爪がちょっと伸びてますね。

紙と違って、こういったプラ製品に貼ったりはがしたりをしても、あまり粘着力は衰えません。感覚的に。

で、「超」整理手帳本体だとこんなになってます。

「超」整理手帳本体

色とりどりで美しいのですが、色分けによる区分は別にしていません。

それをはじめるとしっちゃかめっちゃかになりそうで。あるものからつかっていく、というだけです。

で、この台紙に張り替えるとき、ひとつだけコツがあります。

もともと売っているときの台紙には、こういう風にふせんが貼ってあります

もともと

ふせんの端っこが台紙の端っこより内側に来ているのがおわかりになるでしょうか。

ピンが微妙ですが

これだと、指の腹でふせんを一枚だけ拾うのが結構大変です。

まあ、僕は不器用な方なので関係なく的確に一枚ずつ拾える方もいらっしゃるかもしれませんが。

これをこのように

ふせんの端っこを台紙の端っこにあわせる

ふせんの端を台紙の端にあわせて貼る。

これだけで、結構ふせんが取り出しやすくなります。

コツというほど大げさなもんじゃないですが、オリジナル台紙のまま

使っている方も、一度はがして端っこにあわせて張り直してみると

使いやすくなるかも。(かも、ですよ。私はやってないですからね)

興味のある方は一度試してみてください。

それではそれでは。

投稿者 Moai : 22:15 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月09日

Moai

ゴールデンウィーク

みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

僕は弘前まで行ってきて、東京から比べると一ヶ月遅れの桜を堪能してきましたよ。

このページは xfy Blog Editor?を利用して作成されました。

弘前の桜、凄いですよこんな感じで。

で、桜を堪能してきたのはいいんですが、脳みそがゆるんでたんでしょうねぇ。一件ライブチケットの入金を忘れてパーにしちゃいました。ToDoリストにも書いていたんですけどねぇ。

4/30

 チケ取り成功、5/6まで要入金

 ToDoリストに書く

 ToDoリストの残りが少なくなったので新しいのに入れ替え

5/1 弘前に旅行

こうして書くと、敗因が見えてきますねぇ。

チケ取りした瞬間は「こんな大事なこと忘れるわけナイよ」とか思ってたんですが、桜の魔力ですかねぇ。すっかりはっきりぱっきりわすれてしまいました。ぱっきりってなんだ。

まあ、敗因としては

・脳みそがゆるんでた

・ToDoリストを入れ替えてた

・まさか忘れるわけナイよ、と思って転記してなかった

・帰ってからは、どうせゴールデンウィーク中にしなきゃならないToDoなんてたいしたものない、と思いこんでた。

などの要因が重なったことによるんですけど、いやー、「まさか」ないだろう。ってのがおこることってあるんですねぇ。個人的にはライブチケの入金忘れるってどんなやつだよ、とか思ってたんですが、こんな奴でしたorz。



結論

・休みの間でも重要なToDoがある(こともある)

・転記はちゃんとしろ

・優先発売を逃したので一般発売で頑張る。

ということですね。あー一般発売いつだろう。チェックしておかないとな。そうだToDoに書いておこう。。。

投稿者 Moai : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月23日

Moai

オフ終わった

大きいテーマは

・アナログとデジタルの融合

・自分の時間をいかに確保するか。

・ペンをどうするか

・ToDoをどうするか

だったなぁ、と個人的には思っています。もっとも、机によって問題意識は違っているでしょうが。「机によって」ってどういうことだ?っていうのはちゃんとした方が経過をアップしてくださるでしょうからいいとして。

さきほど、とむさんがアップしていた和紙のカバー、個人的にテーマになっちゃってることのヒントになりました。

そのテーマとは?

先日のアンケートで当選してしまった透明カバーの表紙をどうすべきか?という問題です。

すいません。当選しちゃいました。身内扱いされていません。まあ実際スタッフではないのでそれはいいんですけど。

当選が分かった瞬間は、「コレでネタがいくつかできる!」とか小躍りしたんですけど、実際ビジネスで使えるような形にしようとすると難しいんですよねー。

ただ、たとえばアレに和紙の一枚紙を挟み込むと、結構趣のあるカバーになるかもしれません。

この素材、透明カバーのサイズに切って何種類かセットにして売ってくれるといいなぁ。などとおもってしまいます。

まあ、コレに限ったことではないですね。他にもいろいろできそうですよ。どうですか?ノグラボさん。

このページは xfy Blog Editor?を利用して作成されました。

ちなみに今回アウトレットのこんなのもゲットしちゃいました。

どう使うかな。

IMGP5376%2B.jpg

投稿者 Moai : 01:30 | コメント (2) | トラックバック

2007年04月16日

Moai

エクセルちょっとコネタ

なんか最近手帳と関係ないエントリーばっか書いてる気がしますが気のせいということで流していただけると助かりますMoaiです。ていうかそもそもそんなに書いてないよね?というところもスルーしていただくのがオトナの対応というものです。ものですってば。

さて、雑音は無視して本題に入ろうかと思います。

エクセルで時間管理という方もいらっしゃるでしょう。何時から何時までこの作業をした、その時間は何時間何分、とかって、それで月末まとめて勤怠表つけたりとか。

差引きで実時間が出るから計算間違いもしなくて便利ですよね。

で、慣れちゃうとそんな問題もないんですけど、今が何時か、あるいは今日が何日か、というのをエクセルに記入するとき、どうやってますか?どうやってますかもクソも手打ちだよ、そんなメンドウじゃないよ。という方が多いんでしょうねぇ。どうせ右下に時計表示出てますしねぇ。

まさかnow関数使ってる、なんて方はいないですよね?あれはその瞬間の時刻にしちゃうんでタイムスタンプとしては意味がないですよ?

なにが言いたいのか、といわれそうなのでとっとと本題に入ります。

タイムスタンプを取得するショートカットキー

ctrl+; =現在年月日を取得

ctrl+: =現在時刻を取得

です。そんなに大きい話ではないですが、結構便利ですよ。F2キー、ctrl+C ctrl+V の次ぐらいによく使ってます。おお!とかびっくりして納得して使い倒していただけると幸いです。

でもワードは対応してくれないんですよね。ワードでもタイムスタンプ残したいときあるんですけどね。。。


このページは xfy Blog Editor?を利用して作成されました。

投稿者 Moai : 22:05 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月01日

Moai

時を可視化する2

はじめにお断りしておきますが、エイプリルフールネタではありません。

時を見えるようにする、というのは「超」整理手帳の結構重要なコンセプトですよね。手帳に限らず、今がいつか、を把握するようにするのは時間管理の重要な第一歩といえましょう。

最初に「超」整理手帳の概念を世に問うた、続「超」整理法時間編では、「月日計」というツールを提唱していました。

使わなくなった時計の短針を「月」、長針を「日」に対応させて、いまが一年の中でどの程度のトコロにあるのかを示すツールでした。

我々がよくなじんでいるアナログ時計と似通った表示方法(つか、そのまんま)なので、視覚的に分かりやすいものだったと思います。

ただ、手動で動かさないとイケナイのが難点だ、と書かれていました。(個人的にはカッコワルイのが結構難点なんじゃないかと思いましたが、そういうことを言うと「スルー力」がない、とか言われてしまいそうです。)

さて、それから12年の月日が流れました。その12年の間に、月日計でやっていたことがPC上でいくつか実用化されています。当然手動で動かす必要はありません。

探せばもっともっとあるのかもしれませんが、その中から二つほどご紹介。

どちらのソフトにしても、一ヶ月、一年のうちどれだけ過ぎたか、というのが一発で視覚化できるようになっています。ああ、今って一年の中でここなのか、っていう。

【1】月日計 サイトのトップページ
tukihi1000.jpg


名前は見たことあるような。。。 それもそのはずで、作者のKefi_Pallhkariさんが続「超」整理法時間編の月日計を参考に作られたものだそうです。

あけてみると月日の他に短針長針秒針がちゃんとあり、5針の時計という風情です。デスクトップの時計としても普通に使えますね。 ただし、一番目立つ針は普通の時計の針ではなく、月と日の針。 これで年のうちどのへんにいるかが分かるようになっています。
しかも、時計の外周部に予定を表示しておくことが出来、これによって「あの予定までどのくらいか」というのが視覚的に把握できるようになっています。遠くに重要な予定がある人、例えば受験生の人とか、には使い甲斐があるんじゃないでしょうか。

続「超」整理法の「月日計」を再現してさらに便利にした感じです。
私はフリーソフトのしか落としていませんが、シェアウェアで透明版や壁紙版もあるようです。より便利ですね。

要望をあげさせていただくなら、1月1日を1:00ではなく、0:00に対応させて欲しかった、ということでしょうか。切れ目はやっぱり0:00だと思うので。(もっとも、野口先生の月日計もこの形ですね)

【2】Bar Clock Screensaverサイトのトップページ
BC.jpg

名前の通りスクリーンセーバーなんですが、こちらは時計の形ではなく、5本の帯が画面に出てきます。(サンプル画像)上から秒、分、時、日、月に対応。
スクリーンセーバー画面になると、秒の帯がどんどん色が変わっていき、それにつれて分の帯が徐々に替わっていく様をつい眺めてしまったりします。時の流れの視覚化という感じがします。

まあ、時の流れの視覚化、っていうのは時計も同じハズなんですが、あまりに見慣れているインターフェイスのせいか、そういう思いは出てこないですね。時計はどちらかというと「現在時点の視覚化」というイメージがあります。 あるいは一次元でどんどん変化していくという様がより単純で直接的なのかもしれません。

作者、Y.Ozさんによると、テレビで「地球が生まれてから今まで」を一年に押し込めたグラフを作っていたのを見たのがきっかけのひとつだそうで、言われてみれば優れてテレビ的というか、視覚に訴えてきます。スクリーンセーバーだと画面全体を占有できるので、印象が強いと言うこともあるでしょう。


 どちらのソフトも、一年の中で今はどのへんなのか、というのを端的に伝えてくれるソフトです。結構気づかなかったことを気づかせてくれますよ。面白いです。 ただ、Y.Ozさんが書かれているように、気づきたくないことを気づかせてくれちゃうのでツライ、というのはあるかも。。。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

投稿者 Moai : 19:43 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月22日

Moai

金銭出納管理 その2

以前、金銭出納だけPDAを使っている、というエントリーを書きましたが、あれがもうダメになりました。電池が持たない。3日と持たない。

いや、1日もてばいいんじゃね?と、最近のケータイやらなにやらを
使っていると思うでしょうが、そこには重大な違いがあるんです。

メモリーがフラッシュじゃないんです。だから、電池がなくなるとメモリも
なくなるんです。何年前の商品だ!って、00年ですよ。たった7年なんですが、
今にしてみると信じられないですねぇ。

そりゃ、1日の終わりに必ずクレードルにさして、必ずデータを
吸い上げれば問題はないんですが、そうそううまくはいかない。スーツの内ポケットに入れていれば多分そういう対応も出来ると思いますが、カバンの中に入っちゃってましたからね。名刺入れとA7メモ帳と手帳、それ以上のものはさすがにポケットに入れてられません。

その結果、なくなったデータを目の前に呆然とすること幾たび。。。
たいしたデータじゃないとはいえ結構ショックなモノです。


で、結局、A7を活用することに
なりました。

やり方は至って単純で、こんな感じです。

・レシートがもらえる時はレシートをもらって財布にいれる。
・エクセルに入力するまで財布から出さない(不便になるので入力のモチベーションになる)
・レシートがもらえない場合は、ToDoリストに書く。
・レシート入力時にToDoリストに書いてある項目も書き写す

ToDoリストなの?そうです。マルの中にI(imput)と書いて、金額と
支出項目メモを書いておきます。エクセルに入力すべき、
というtodoというわけです。
呑み会で3次会4次会と行くとワケ分からなくなったりしますが、
まあそれは昔も今も同じことだし。

で、この方式にした結果、残高調整項目の金額が著しく減りました。
カバンの中のPDAより、胸ポケットのA7メモ帳のほうがアクセスしやすいので、
支出があったらすぐ書ける。
その結果、記入漏れがなくなりました少なくなりました。
以前に比べて現金過不足の発生額が3分の1か、それ以下になった感じです。

金銭出納に限らず、なにかをエクセル(や家計簿)管理している方、

一時記録簿としてToDoリストを使う

のは結構おすすめだと思います。ま、一項目の量にもよるわけですが。

投稿者 Moai : 00:24 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月09日

Moai

時間を可視化する

予定を手帳に書いていても、具体的な長さとタイミングがどうにもつかみづらい、ということがあります。バーティカルで時間目盛りが打ってあるのを使っている方はそれが主たる目的だったりするでしょう。


この手帳だとそういう使い方、ちょっとしづらいですよね?自作派だったら結構工夫の余地もありそうですが、そこまでやるつもりはないユーザーはどうすればいいのか?



そこはムリ、っつってあきらめるのも選択肢のひとつですけども。それだとこのエントリ終わっちゃうんで。




私の対処法ですが、いま方眼スケジュールシートを使っていることもあって、目盛りを打ってみました。

こんな感じ。
IMGP4999%2B.jpg
見づらくて申し訳ありません。心の目で見てください。

左から、9,12,15,18,21時です。それぞれ。
なんで、8時から22時までの目盛りになってます。まあ、これ以前やこれ以後には予定は滅多に入らないヒトなんでコレで十分です。

それで、重要=赤、普通=青、楽しみ=緑 で三色方式です。
方眼の一番上の一行を潰して、時間を目で見られるようにしています。はじめてからそんな時間は経っていないですが、結構いい感じかも。時間を空間として把握するっていうのは有効なんでしょう。数字で予定を書いているよりだいぶん認識しやすい感じ。
スケジュールシートがかわったときに、「目盛り打たなきゃなあ」と思ったので、多分自分の中でそんなにムリはないのでしょう。
もっとも、目盛りを打つのはなかなかに面倒くさいんですけれども。定規をあてて、ちょっちょっちょっと。

当然ですが、15分刻みで予定が入る!とかいう方にはちょっとおすすめしかねます。この書き方でもまあ1日3件、詰め込んでも5件ですね。それ以上だとぐちゃぐちゃで分からなくなります。多分。

IMGP5001%2B.jpg
この日なんか一件だけだし。夜バンドネオン聴きに行くんだな。仕事早く終えないと。


ノグラボさーん、来年この目盛りデフォルトにしませんか?やってんのひとりだけですけど

投稿者 Moai : 01:08 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月21日

Moai

3色ボールペン派

オフでも結構お見受けします、齋藤孝先生の三色ボールペン術を使っている方。


実はかくいう私もその一人でして、カチカチいわせながらいろんなモノと対峙しております。蛍光ペンも使ったりするアタリ、純粋ではないですが。


で、この三色ボールペン術、「赤・青・緑」の三色が必要なんですね。一方、黒はものすごいイキオイで排斥されます。なんでかって言うと長くなるので言いませんが(おい)。

まあ油性ボールペンはいい。いわゆる4色ボールペンを買えばこの三色は入っているし、赤青緑の三色って奴も、たしか齋藤先生が監修してPILOTが出しているはず。

困るのが、「水性(もしくはジェル)のボールペンが好き」という私のような一派ですね。水性・ジェルで多色のペンというのはかなり限られます。HITEC-C コレトは2色までだったし。

コレトのレフィルをどうかして三色ペンを作り出す、というのがこれまでの多くのヒトの解決策ではなかったでしょうか。(HITEC-C SLIMSは緑がないですよね?)


しかぁし!ここにきて解決策が2種類出てきたのでご紹介。もう「超」整理手帳あまり関係なくなってきているなぁ、とか言わない。手帳にも三色で書いてるんだよ!



その1:コレト3色

えー、なんのひねりもないですね、そのままです。柑橘系ビターさんが書かれている新色レフィルが出ると同時に、三色のボディーが出ました。これでとりあえず問題は解決!値段も安いし。三色そろえるにしても微妙な色合いがあるので面白い感じ。


その2:シャーボX かける ???

こういうコンセプトの筆記具ってこれまでなかったですねそういえば。コレトが近いっちゃあ近いけど、ボディまで含めて考えるとちょっと違いますよね。やっぱり。

シャーボX、この換え芯、ジェルペンがあるんですよ何色も。で、なんだかちょっと高い多色ボールペンでよく見かける換え芯と同じ形のような。

一方で、シャーボXには、シャープ×1,ボールペン×2しかはいりません。
ということは?

移植しちゃえばいいんですよねー。

換え芯には「シャーボX以外に使用しないでください。」と書いてありますが、CMで虫歯×歯医者×ゴルファーなんていう数式を持ち出しているんですから、シャーボXの芯×他社の多色ペンのボディも当然アリだろうと。やってみましたよ。LAMY2000で。無謀。

IMGP4962%2B.jpg
オレがいくらするか分かっているのか



やってみたところ、非常に怖かったです。素直に入っていかないんですね。芯がこころもち太いのかも。最初ちょっと、1cmくらいかな、入って、その後は拒否されます。しかし芯がモッタイナイしなぁ。
暫く躊躇した後、自分を信じて力をぐいっと入れたらはいりました。もうバリバリ自己責任です。誰のせいにも出来ません。つか、コレでペンを壊したらそのもったいなさは換え芯の比ではありません。

IMGP4963%2B.jpg
よく見ると芯がちょっとちがう。そらそうだ。

でも結果オーライ。ゼブラもラミーも泣いてるかもしれませんが、ユーザーがハッピーなんだから許してちょーだいと。書き味も好ましくて気に入っております。
あ、当たり前ですが真似する方は自己責任でお願いします。保証しません。ていうか危なっかしいので推奨しません。

で、今回新しく手に入れた三色水性ペンで書くとこんな感じです。
IMGP4959%2B.jpg
赤、緑って漢字にしてるけどホントはレッド、グリーン。戦隊モノか。

イヤ、文房具へのコダワリって正直無駄なこと多いんですけど、満たされると楽しいですよね。
ああ、やっぱり手帳あまり関係ない締めになっちゃいました。どうもすいません。

IMGP4960%2B.jpg
あともんだいはこいつらをどうするかだ。

投稿者 Moai : 00:51 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月12日

Moai

A7ツール

A7メモを様々に使いこなしている、あるいは使っていない皆様こんにちは。

ITメディアさんで、こんなツールが紹介されていました。A4片面を8つに区切り、そのそれぞれにメモ帳やらカレンダーやらを印刷していくツールです。
説明するより触っていただく方が早そうなので、興味のある人は行ってみてください。

もともとのツールは、レターサイズを前提に作られているので、Send To Printer ボタンを押すまえにFit to Custom Size にチェックを入れておいた方がいいんじゃないかなぁ、と思います。

なんかねぇ、「超」整理手帳サイズでこんなのやりましょうよ、とアイディアだけはちくちく投げていたんですが、やっぱり似たようなこと考える人がいるんですねぇ。

実際のところ、一枚印刷してみただけで、まだその先使っていません。
なので、コレがどうなのか、というのは全然なんですけど、便利そうなのでご紹介ということで。

ではまた。

投稿者 Moai : 01:58 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月28日

Moaiノグラボストアレビュー

手帳のカバー

えー、ここのブログちゃんとごらんになっている方の中には、


「なんでこいつらこんなにカバーやたら持ってんの?無駄じゃん?馬鹿じゃん?手帳カバーなんかひとつでいいじゃん」

と思ってらっしゃる方が少なからずいらっしゃるかと思います。まあ、馬鹿はおいといて、でも、無駄じゃないとは思ってます。



手帳カバーを頻繁に換えるって、普通の手帳だとあまりない発想ですよね。
綴じ手帳だとまずあり得ない、でおしまいだし。
システム手帳はそれが可能ではありますが、リングからはずして次のリングに移し替えるってのは、うまくいけば一発なんだけど、やっちゃった場合のことを考えると、鬱陶しくてそんなことやらない、という方が大部分かと思います。


じゃあ、「超」整理手帳ならどうか。

この状態から

IMGP4945%2B.jpg


引っこ抜いて、

IMGP4946%2B.jpg



いらないものをよりわけて差し込む。
IMGP4947%2B.jpg




ここまでだいたい早ければ30秒、いろいろ確認しつつやっても3分というところでしょうか。いろいろ、の内容によっては5分くらいかかるかもしれませんが。

いずれにしても十分実用的なスピードで手帳カバーを換えることが可能なんですね。

「超」整理手帳は、手帳カバーの交換が非常に楽な手帳である、

というのは、実は他の手帳と比べて大きな特長なんじゃないかなぁ、なんて思ってます。


だからどうなの?って話ですけど、とむさんみたいに、コーディネートで換えるとか、革小物の色はそろえるとか、そういう方向も当然あります。でも、そうでなくても利点はあるんです。

ずっと使っていると、いつの間にか手帳カバーの中にいろいろ「もういらないんだけど」っていう資料とか、ショップカードとか、ぐるなびの打ち出しとか、溜まって来ちゃいますよね。
必要性があって厚くなってしまう手帳を否定はしませんが、それでも無駄はそぎ落とすに越したことはないでしょう。



手帳カバーを交換すると、いわば手帳のすべてを棚卸しすることになるわけで、結構無駄なペーパーそぎ落とせますよ。
ちなみに、上の交換後の写真、右っかわのバサバサしてる紙は、今回の交換でお役ご免になっちゃった人たちです。

そういう観点からも、換えの手帳カバー、結構おすすめです。


「いらねー」という方でも、ときどきは全部引っこ抜いて棚卸ししてみたらいかがでしょうか。

IMGP4948%2B.jpg
そんなわけで今日からしばらくはメッシュ

投稿者 Moai : 23:03 | コメント (8) | トラックバック

2007年01月13日

Moai

A7ToDo再び

かなり間が空いてしまいましたが、A7 ToDo再び、です。

前回もちょろっと書きましたが、A7 ToDo、淡々と使っていると、積み残しToDoが見えなくなってしまうという問題があります。

えー、そんなことない、という方は、もうこの先読まなくていいです。この先を読むくらいなら、エクセルでスケジュールシートを作るか、おみくじを引くか、07年版手帳を探すか、こだわるペンを探すかしていて下さい



で、話は戻りますが、見落としを完璧にしないようにする、ということが出来れば言うことはないですが、放っておくと何ページも前はやっぱり見なくなります。ちょっと息の長いToDoは埋まりがちです。埋まっちゃうと見落とします。

で、それに対する僕なりの防衛策はこんな感じです。


まず、書き込み具体例としてはこんな感じです

IMGP4932%2B.jpg
字が汚いとか分かり切っていることはいわない


で、コレのどこに防衛策が隠れているかというと、
1.クリップ二個使う
 今書くべき所には、以前ご紹介したこのクリップを挟んでいますが、それとは別に「ここ以前のToDoはぜんぶこなした」というところもクリップで止めています。積み残しはクリップとクリップの間だけにある、ということになりますね。



2.終わったページには赤で斜線
 1.でかなり範囲は狭まってきますが、それでもやっぱり多いです。特に昔の方のページは一個だけ、二個だけToDoが残っているページと、全部終わってしまったページが混在することになるかと思います。
で、全部終わったページには、赤で斜線を引くことにしています。そこは、がっ!と。もうそのページは飛ばしていいことになりますね。写真はぼかしを入れたトコの斜線が消えちゃって分かりづらいですが。



3.積み残しは赤で囲む
 古いページでいつまでも積み残しちゃってるのは、赤で囲みます。赤で囲んでいる項目があるページは、その項目以外は見なくてもいいようにするわけです。このページでいうと、仕事用の靴下そろそろ買わないといけないなぁ、と思いながら全然買っていない、ということですな。で、ミイラ展の状況はしばらくチェックしてなかったけどチェックしたようだ、と。



4.さらに積み残ったら最新ページに転記
 中期的にやればいいことをとりあえず書いておいたものが、ぽつん、と残ってしまうこともありますね。そうなっちゃったら改めて新しいページに書きます。あ、これは画面に出てきてないですね。今気づきました。まあわかりますよね?



 あ、3,4をやるタイミングは、「気になったら」です。それでも、これだけのことで見る範囲はかなり狭くなるし、そんなに見落とさなくなる、んじゃないかなあ、と思います。



A7 ToDo使っている人、使ってみようかと思ってる人、取り入れられそうなトコがあったらやってみてください。こんなやり方をしている!というコメントも大歓迎です。

投稿者 Moai : 23:27 | コメント (4) | トラックバック

2006年12月27日

Moai

A7ToDoリスト

A7ToDoはあまり話が出ませんね、使ってるのはひょっとして僕くらいでしょうか。

たしかにA7ToDoは一枚に書ける分量が少ないので、一覧性に欠けるという欠点があります。いっぺんにザァッとみたい、という要求には応えづらいですよね。

でも、アイディアメモと一緒にしておくことで、手に取る回数は手帳に入れておくより明らかに多くなりますし、「超」整理手帳と別にすることで、スケジュールシートを眺めながら同時にToDoをパラパラめくることが出来るので、結構気に入っています。


僕は、スケジュールとして確定していないものはスケジュールシートに書き込まないので、それとToDoが同時に見られる、というのは結構大事だなぁ、と思ってます。
今日はコレとコレがあって、やんなきゃなんないことがこんだけあるから、アレとアレは今日やっちゃえるな。といった考えを巡らすことができるからです。



また、そういう使い方をしている場合、一週間以内のタイムスパンで考えると、スケジュールよりToDoの方が件数が多くなります。
イヤ、僕の場合はそうなります。

なので、ToDoをスケジュールシートより頻繁に見たいんですね。なんかなかったっけ?って見直しをしたい。
で、例えば仕事中に飲み物を取りに行くとき、トイレに行くとき、手帳は持たないけど胸ポケットにA7は入っているので、廊下でToDoを見直しながら歩いたりしてます。

やってみると結構便利だったりしますよ。


じゃあ、一覧性のなさはどうなのか。
ToDoリストを見て、今日やろう、と思うことがあまりに多い場合は、ロディアの紙に改めて書き出したりしています。

面倒ですけど、毎日やるワケじゃないですし。


ここでmorotaroさんのようにアイディアメモに書き出さないのは、アイディアメモとToDoリストがひとつのカバーに入ってて、両方一緒に見られない、というのもあるんですが、それ以前の問題があるんです。


実はこのA7を使う前はロディアのNo11(これもA7ですね)を使っていたのですが、今は彼らはすっかり脇役になってしまっています。胸ポケに入れるにはちょっと厚いのと、メモが散逸しちゃうのがちょっと問題かなぁ、と思っていましたし。

しかし、脇役になる寸前に「値上げするらしい」という噂を聞きつけ、買いだめしちゃったんですね。こんなにあります。

IMGP4912%2B.jpg
どーしたもんだろう。


それはそれとして、他にもいくつか細かい決めごとが実はあるんですが、そこまで入れちゃうと長くなっちゃうのでそれはまた別のときに。ではでは。


ああっと、そうそう、年内はコメントやトラバに対する反応(公開処理も含めて)、ちょっと出来ないかもしれません。なんか残してくださった方は、長い目で見てください。どうもスミマセン。

投稿者 Moai : 01:26 | コメント (2) | トラックバック

2006年12月04日

Moai

金銭出納管理

ブロガーの皆さんは出納管理に結構手帳使ってるんですね。

僕は、ここだけPDAで管理してます。SONYのPEG-S300っていう00年に出たパームです。うわー懐かしい、ってひともいるかもしれません。

IMGP4870%2B.jpg
ポケットティッシュを買ってるのはたまたま持って出るのを忘れたから。
駅の売店高いです。



で、もらったレシートはコレに入力しないかぎり財布に入れっぱなし、という原則を守っています。そうすると財布がパンパンになって鬱陶しいので仕方なく入力するという。
それに、女の子と飯喰って財布がレシートだらけだとみっともなかったりもしますし。


それはともかく、なんで出納管理だけコレかっていうと、


「足し算引き算を間違えない」
「クレジットカードの消し込みが楽」
「エクセルにデータを落として管理可能」
IMGP4871%2B.jpg

ピヴォットテーブルで管理すると、なんだか凄いことしている感覚(実際は遊び)


という点で、手書きで処理するよりラクだからです。
ここはアナログよりデジタルが明らかに勝っているのではないかなぁ。



クレジットカードは、昔明らかにオカシナ請求が来たことがあり−まあ、そのときは通貨単位ルーブルでの請求だったので、「なんだよこれ!」って一瞬で気づき、カード会社に連絡して事なきを得たのですが−、それ以来明細と実際の利用とのチェックは欠かしていません。


しかしこの機種ももう5年使っていて、時々不安定な動作をすることもあるし、そもそもvistaになっちゃうとPC同期ソフトが使えるかという問題もあります。


野口先生もPDAについては新しい機種は使いづらい、と仰っていますが、私もそう思います。
これは充電しないでもいまだに1週間以上は電池が持ちます。カラー表示がなくて不満に思ったことはゼロではないですが、買い換えたくなるほどではないです。



入力しづらいのが難点といえば難点です。ホントはその昔使っていたモバイルギアみたいに、白黒画面、乾電池駆動、フルキーボード、メール送受信とテキストの読み書き、簡易表計算(出納帳)ぐらいに特化した機材が出てくれると嬉しいんですけどね。どこかやってやろうというメーカーさんはいませんか?


それからmorotaroさん、そのレシート入れ、快適そうですけど、レシートがあまりにばんばん入っちゃって、「アレこのレシート何買ったんだっけ?」ってことになりません?

つーか手帳の話じゃないですねコレ(^^ゞ

投稿者 Moai : 01:09 | コメント (4) | トラックバック

2006年11月23日

Moaiノグラボストアレビュー

A5カバーとノート

スタッフブログのayakaさんも使いだしたというイームズA5手帳カバー、私も使っています。

ノグラボやまもとさんもオフの時におっしゃっていましたが(2次会だったかなあ?)、このイームズの布が非常に丈夫で、ほぼ一年間カバンに放り込んでいるのにへたった様子をみせません。さすがです。
実は付属のゴムバンドがちょっと伸びてきていますが。

IMGP4804%2B.jpg
(ちなみにちっさいのは今回のオフ会で物欲に負けてしまったA7カバーです。)



といっても、手帳カバーとして使うことは滅多になく、ノートのカバーとして使っています。

A7アイディアメモはそれはそれとして便利に使っているのですが、

・会社でなにか考えたり勉強したりしていることのメモ
・ハナから沢山書き込みをすることが分かっている状態(手帳オフ会など)

では、A7でちょこちょこ書いていくというより、A5ノートでガシガシ書いて行く方が気持ちいい。という理由で、ポケットひとつ原則より快感を優先させてます。
まあ、スケジュールと違ってダブルブッキングになる可能性がある話ではないので、それはそれでありかと。

じゃあA4はどうかってーと、会社のデスクでパソコンを置くと、A4ノートだと大きすぎるんですね。



でも、意外とないんですよね、A5ノートって。それこそRhodiaだ!って決めちゃえばいいんですけど、ノートにしたいんですよ個人的に。散逸させたくないもんで。

しかも、個人的に条件がいろいろあって、

1.方眼
2.綴じノート(リングノート、フィラーノートではない)
3.そんなに厚くない(というか重くない)
4.そんなに高くない

A5方眼ノートというと、クレールフォンテーヌやライフをまず想像される方が多いと思うんですが、2.の条件がそれらを突き飛ばしてしまうんです。ちょっとこのイームズカバーのなかにリングって重そうでやだなぁ、と思っちゃって。

で、だいたいいいものとしては、コクヨのイデアミックスがあるんですが、ちょっと個人的に厚みが気になる感じです。48枚なのですが、ちょっと厚い。

で、使っているのは、
東急ハンズのオリジナルブランドSiE+s
のA5方眼ノート。自分で「薄型ノート」だって言っているし、値段も余裕で許容範囲内。こんなところにあったのか。

IMGP4805%2B.jpg
色展開いろいろあるシリーズなのに、A5ノートはこれだけ。まあ、いいんですけど、カバーの中に入っちゃうから。

IMGP4806%2B.jpg
使っているところはこんな感じです。



条件に合致するノートはあって、ハッピー、ではあるのですが、こんだけいろいろモノがある世の中で、選択肢が二つしかない中というのも実はちょっと嬉しくない気分があります(贅沢者です)。ホントはいろいろ選択肢が欲しいんですよね。おすすめのA5ノートはありますか?

投稿者 Moai : 20:40 | コメント (10) | トラックバック

2006年11月19日

Moai

オフ会雑感

オフ会のちゃんとしたレポートは、スタッフの方があげてくださると思うので、個人的な感想文です。ちゃんとしてないっていきなり宣言するのはどうなのか。

なんでやろーばっかりなんだ!というきわめて正直な感想はそれはそれであるのですが。
まあそれはそれとして。


今回の新企画は午前の部のワークショップ。
今後の「超」整理手帳のなにかをみんなで考える。という代物。

リフィルとかスケジュールシートだけなのかと思っていたのですが、
全体を4つのグループに分け

「スケジュールシート」
「リフィル」
「新ビジネス」
「カバー」
と、4グループそれぞれでなんらか考える、ということになりました。
制限時間1時間チョイ

で、柑橘系ビターさんと私も含めた6人で

「新ビジネス」

のカテゴリで、なんか考える、ということになりまして。

え、なにがあるよ?ま、思いつくままにあげてみましょうか、って始めたんですけど


・ペン
・ウェブサービス
・ペンホルダ、カードホルダ等
・電卓とか
・付箋
・デジタル連携グッズ

といったところが候補に上がったのです。


えっと、範囲広すぎます。
どこにフォーカスするかだけで時間喰います。何にするか誰か決めて下さい。ってそんなこと決められる人がいないまま時間が過ぎていく。しかも、みんなコダワリがあるところが微妙に違うので、話の脱線が多い。



正直、ワークショップの発表で
「すいません」
で終わらせることも覚悟しました。



イヤ、しかし流石オトナの集団というか、残り15分くらいから結論に向けてのラストスパート、皆さんがキレイにまとめて下さったので、恥をかかずに済みました。
それどころか、アートディレクターの方がいらしたので、プレゼン用の資料をクーピーでちゃっちゃと書いていただいて。他の人たちからしてみると、気分的にカツカツだったとは思えないだろうなぁ、という仕上がりっぷり(だと思う)。


で、何にまとまったのかというのは、えーと、ホントにビジネスになるのであればここで発表しちゃうと問題あるのでちょっと置いておきます。あるいはスタッフの方が公表されるかも分かりませんが、それはそれ。
勝手に先行しちゃうとマズイでしょうからね。
ていうか、アレは是非商品化してほしい。それで僕も欲しい。それ関係のメーカーと折衝してください。



考えている間中、焦ったり困ったりしていたのですが、あとから振り返ると楽しかったです。
これまでのオフ会だと、比較的発言する人が限られる気がしていたのですが、少人数のワークショップだとみんな自発的に参加せざるを得ないですよね。その中でかなり活発な意見交換になるので、傍観者になっちゃう人が少ない。

しかも全然異業種の人と共通の土俵で結構脳みそに汗をかくことになる。なかなか面白い経験だったとおもいます。

なんにせよ、是非またこういう参加型のなにかがあれば、と思う次第です。
参加できなかった方、様子見ちゃった方、次回是非お会いしましょう。




午後の部の、オーソドキシー今野さんによる、皮から革にするまでのお話と、皆さんの自己紹介を兼ねた各自の手帳へのコメントも面白かったです。
塩漬けで送られてくる皮(生皮剥いだ状態)から、どうやって革製品用の革になるのか。それだけでお金払ってもいいコンテンツだったかもしれません。
そして、皆さんの考えてらっしゃる問題点や、実際の活用法がちょっとずつ伺えるというのはあまりない機会ですよね。やっぱり。



やまもとさん、ノグラボの皆様はじめ裏方をやってらした方々、今野さん。楽しい時間をどうもありがとうございました。

自分の問題点としては、ちょっと手帳を覗かせていただいたミナサマ字が綺麗だったのでちょっと自己嫌悪になってる、というところでしょうか。あーあ。綺麗な字を書けるペンってナイかなぁ。

投稿者 Moai : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月13日

Moai

蛇腹 いつ拡げる?

今週から新しいスケジュールシートが始まりましたね。
また新たな一年が始まるという感じでしょうか。ちょっと世の中とずれますけど。

今年の反省と来年の計画、という意味ではよい区切りなのかもしれません。
はい、ちょっとムリヤリかな、と書きながら思っていますどうもすみません。


さて、先月末のエントリーで、「超」整理手帳を拡げて見てみよう、ということを書きました。


とはいえ、これまで使っていなかった方や、
使っていてもあまり拡げてみることをしなかった方にとっては、
きっかけというか、そのタイミングがつかめないかもしれません。

例えばスケジュールを組むときでも、つい普通に手帳を見て、書き込んでしまうという。


タイミングっても、気づいたときに拡げればいい、という話なんですが、
それで終わってしまってはこのエントリをわざわざ書く意味がないですね。
じゃあオマエはどうやってるんだ?という話になるかと思います。


僕の場合は、基本的に会社の自席で仕事、というのが多いです。

ですんで、朝自席について、パソコンを起動。
その間に手帳を一回拡げてみるようにしています。



たとえプロジェクト日照りで、今日の予定が
入っていないということが分かっていたとしても、
そこで一回拡げてみる。

このとき、僕は次のシートまで見てみることにしています。
今だったら、一枚目の裏まで。
その辺についてはほとんど何もスケジュールはないんですが、
目で持ち時間を把握できるように思います。



そうか、もう3月が見えているんだね、みたいな。


区切りのタイミングにあわせて
拡げることをしばらく意識して習慣づけてみる。
それは、朝家を出る前だったり、夜寝る前だったり、
あるいは車に乗り込んだときかもしれません。
ラッシュアワーの電車の中っってのはおすすめしませんが。





それと、机の上のスペースに余裕があるときは、
4週間分ぐらいを拡げて机の上に置いておくこともあります。
卓上カレンダーでいいだろうよ、という話になりそうですが、
私には違うイメージになります。
卓上カレンダーだと、単なる数字の羅列にしか感じられないのですが、
「超」整理手帳を拡げておいておくと、時間を見ている感覚になります。




パターンとしては、
・ある区切りに着目して、そこで蛇腹を拡げてみることを決める。
・蛇腹を拡げておいておくことが出来る環境なら、そうしてみる。
ということになりますね。



手帳を拡げる作業をしばらく続けるとすぐ慣れてくると思います。
蛇腹の上で締め切りと作業量を確認することに慣れてしまえば、
ちょっとした区切りがついたときや、アポを入れるときに
拡げて確認したくなってくる、んじゃないかなあ。私はそうでした。



あまり拡げていない、という方、是非試してみてください。


投稿者 Moai : 23:58 | コメント (4) | トラックバック

2006年11月05日

Moai

使い終わったA7メモ

A7ノート、使ってみると結構便利なので、僕も使っておりますが、使い終わったあとのメモ帳の処理が悩ましいところです。どうするかちょっと考えてみました。



A7ファイル、とか売ってないですし。クリアファイルや箱に入れてしまうと、あとでぱらぱら見返そうと思ったときに引っ張り出すというワンアクションが必要になってしまいますし、引っ張り出したらしまわない。確実に。

やはり、引っ張り出さなくても閲覧できるようにしておかないといけません(個人的に)

最初は角に穴あけてリング通しておけばいいのではないか、とも思ったのですが、パラパラやろうとするとちょっとひっかかりそうです。めんどくなくていいんだけど。。

二穴のリングファイルということだと、記入スペースが激しく制約されてしまいますしね。。

いっそ一冊目の裏表紙と二冊目の表表紙をのり付けして、厚い一冊のメモ帳にしてしまえばいいのではないか、とも考えましたが、それはちょっと最終手段としてとっておこうかと思います。
で、今回はなんとかファイリングしようと。。

狙っているところとしては、。

こういうマガジンファイルなんですが、A7向けにちょうどいいサイズのものなんか売っていません。ハンズで伺ったのですが、やはりそういう商品はないと。。

仕方ないので、自作することにしました。。

買ったのは。

株式会社 エイチ・エス 振替伝票用FILE 2H9-60


プラス ワンタッチ綴ひも ねじりっこ 。

このファイルは、横に長いんですが、縦方向がほぼちょうどいい感じです。

こんなかんじで

で?って、だいたい予想はつくかと思うのですが、

まずファイルを切ります。どうでもいいはさみを使うのが肝要です。


絵としてはこんな感じ。角を残してしまうと痛いので、面取は必須です。

で、ねじりっこをちょうどいい長さに切って、曲げて、折り曲げて。。。

あー、なんか、どうもね、どうしよう。
どうも美しくない。しかも機能的でもないような気がする。


うーん。。。。



なんかこう、コアラバンドみたいになってくれないかな。。。輪っかでいいんだよ。輪っか。

ん?コアラバンド?輪っか?




輪ゴムでいいんじゃ?


ということで、折角買ったねじりっこを無視して、輪ゴムの登場となりました。


こんな感じで


こんな感じ。


まあ、当初の目的はとりあえず達成できたかと。

柑橘系ビターさんの記事に並んでコレが出るというのもどうかとは思いますが、ノグラボの方々がビジネスチャンスだよね、と思ったりしてくださるとか、これ読んだミナサマが、こっちのほうがいいんじゃね?と思っていいものを教えてくださるとか、問題点を改良してくださるとか、そのへんをあてにして今回は終わりたいと思います。

問題点としては

油断すると真ん中のページが開きがち
時間が経つと輪ゴムが切れる(多分)
全体的に貧乏くさい
20mのねじりっこがもったいない
なんかずれちゃう

があるなぁ、と思っています。

投稿者 Moai : 21:25 | コメント (3) | トラックバック

2006年10月29日

Moai

蛇腹、ひろげてますか?

「超」整理手帳、特長のひとつに蛇腹を使った一覧性があるのは、
こんなトコまで読んでる皆さんはよーくご存じだと思います。


でも、どうですか。コレ。
放っておくとなかなか活用しない機能のようにも思います。
活用しなくても普通に手帳としては使えるわけですしね。使えてしまう。


最初買ったときには面白いからひろげてみるけど、
だんだんひろげなくなりがちではないでしょうか。
で、気を抜くとバサバサッてなっちゃって、ウットーしい、とか思う。


ただ、スケジュールシートを使うのであればひろげてみないとモッタイナイです。
もうすでにあちこちでさんざん書かれていることですが、
ひろげることで見えてくることがたくさんあります。

ちょっと具体的にイメージしてみましょうか。

例えば、今、07年版の1枚目のリフィル(表面)をひろげてみると、
改めて年明けまでの時間がないことに驚かされます。

何いってんだ、知ってるよ。2ヶ月だよ。いまさらおどろかねーよ。とか思います?


でも、今後の予定と一体化した形で観てみると、ホントに時間ないですよ。
多分自分が思った以上に。

スケジュールシート、がっ!と開いてみてください。年明けまでの部分。




開きましたか?で、だいたいルーチンでとられる時間はざっくりでイメージできますよね?
それ以外の時間がどれだけありますか?

そして、
年末までにやらなきゃならないこと、やりたいこと、何がありますか、
年賀状書いて、
お正月の準備ってなにがある?おせち?来客?しめかざり?門松?
そのまえにクリスマスの準備をがっちりしなくちゃ。
ああ、忘年会も何件かこなさないとイケナイ。
そうだお歳暮!
仕事で年末締めのなにか特別なことがある人はそこに向けて。

第九を聞くとか、美術館に行くとか。
紅葉狩りも地域によってはこれから、ですよね。

ボーナスは12月上旬ですか?お買い物の時間もとらないと。

あ、冬物のコートあずけっぱなしかも?

インフルエンザの予防接種も、まあうけたほうがいいかなぁ。

それで大掃除して、初詣して。

11月19日は手帳オフ会じゃないか!
それからそれから?




普段の仕事以外の時間に片付けるべきこととあるわけですよね。
これらがスケジュールシートやToDoに書かれている状態で観る。

どうでしょう?
あれー、なんでオレこんな呑気なんだろう。時間ナイじゃん!
って思うかも。

スケジュールシートの一覧性って、まあ、こういうことなんだと思います。

ダリ展は年明けまでやってるけど、年の瀬には行く暇がないかもしれませんよ?

投稿者 Moai : 23:17 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月22日

Moai

年の瀬がだんだん近づいて

いやー、気づくともう10月も下旬ですね。年末だなぁ、という感じがひしひしと迫ってくるようになりました。

ただ、「超」整理手帳を長く使っているユーザーだと、「年末だなぁ」感は他の方とはちょっと別の切れ目で感じるかもしれません。

それは、スケジュールシート4枚目にはいるタイミング。今年は10月16日からでしたね。
4枚目に入る頃には、だんだんと葉書ソフトのバージョンアップのお知らせや、おせち料理の予約の宣伝が目にはいるようになります。文房具屋さんや本屋さんでは手帳フェア、カレンダーフェアを目にするように。
そして、「超」整理手帳を継続して使っている場合、次の年のスケジュールシートも入手しているころ。
フォーラムでは毎年のように生じる話題が出てきます。
「4枚目と翌年の1枚目の重なり(だいたい例年12週重なります)はどうにかなんないか?という。
今年もありましたね。

僕は4枚目を4週分残してちぎっています。そして裏側にはバッテンを書いて、間違ってスケジュールを入れてしまわないようにしてますね。
一方で、次の年の1枚目を4週分残して切る、という方もいらっしゃいます。
すでに4枚目に書き込まれているスケジュールを活用しようとするとそうなる、ということらしいです。
他にも、暦にあわせて、という方もいらっしゃるようですが。


僕は、やっぱり新しいシートを早く使いたい、というのが動機なのですが、そんなに先のスケジュールがない仕事だからこそ好みを優先できる、という側面もあるでしょう。
実際、重複期間に入っているいくつかのスケジュールを書き写す、という作業は07年版を購入した直後に行ってます。この量が多かったら、やっぱり4枚目を使い切ることを選ぶでしょうね。


ま、いずれの手法をとるか(あるいはオリジナルな手法をとるか)は最後は好みの問題とは思いますが、早めに重複部分の処理をしてしまって、スケジュールがあっちにもこっちにも書ける、という状態からは脱却してしまったほうがいいでしょう(強く推奨)。「ポケットひとつ原則」はここでも思い出しておいた方がいいようです。

投稿者 Moai : 22:20 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月13日

Moai

そのペンホルダはなんだ。

こんばんは、12日の朝になぜかのけぞって悲鳴を上げていたMoaiです。
11日の夜、録画予約しようとしたときに、たまたま別の番組を録画していて、
そのままになっちゃったんですねぇ。
ToDoの管理がなってないです。検討課題です。


で、ツカミがこれなのに全く関係ないエントリでスイマセン。
前回の「今日はどこだ?」で真っ先に反響があったのが、
写り込んでいたペンホルダでした。
それもユーザーにとっては長年の課題ですよね。

なにつかってるんだよ?って、これ使ってます。

IMGP4561%2B.jpg

えーと、これも実は伊東屋さんのオリジナル商品で、

ペンホルダ1 

という名前が付いています。262円だったかな?ちょっとうろ覚えです。
ホントは伊東屋で商品写真撮ってこようと思ったのですが、
所定の部署を通さないとダメである、といわれてしまいました。
そらそうですな。

でも銀座はちょっと遠かったので、行っていません。
e-storeでも扱っていないっぽいです。
東京近郊にお住まいでない方にはあまり役に立たない情報かもしれません。

ペンホルダは分かるとして、「1」っていうのは?
実はちょっとサイズが違う
ペンホルダ2
っていう商品もあるんですね。購入の際はお気をつけください。

で、このペンホルダ1、ウィックサイズの手帳用に作られているものです。
「超」整理手帳にはちょっと縦方向の寸が足りません。
でも、幅が合っているのでこれはこれでちょうどいいのです。

IMGP4556%2B.jpg

こんな感じで、メインのポケットに差して使っています。
あ、普段はこのペンホルダだけじゃなくていろいろ刺さってますよ。
わかりやすくするために他のモノを引っこ抜きました。


使い勝手はかなりいいです。素材的に滑るので、ペンの出し入れも
ストレスはかかりません。

あ、ここで大人気のLAMY2000はサイズ的にムリです。
多分直径1cmがギリギリというところかと。

それと、写真ごらん頂けば想像がつくかと思いますが、
そんなに強いモノではありません。引っかけて
「ビッ」
っていっちゃうことはあります。

ですんで、消耗品として考える方がいい様な気がします。

投稿者 Moai : 00:59 | コメント (4) | トラックバック

2006年10月08日

Moai

今日はどこだ?

こんちは。
さて、来年用の「超」整理手帳も発売されてからしばらく経ち、いろいろ触ってみたりなんか書いたりされている方もいらっしゃる頃でしょうか。

来年からのユーザーの方はまだもうちょっとかかるわけですが、使っていらっしゃる方でもちょっとどうしよう、ということになりがちな問題として、今日のページが分かりづらいという点があげられます。ますよね?ませんか?あげといてください。話が終わってしまいます。

フツーの手帳なら、ひものしおりがついていて、それを今日のところに挟んでおけばいいんですけどね。「超」整理手帳では、しおりはちょっと使いづらいと思います。蛇腹ひろげるときに邪魔になっちゃいますからね。

(蛇足ですけど、かまわぬカバーにはしおりがついてます。これはこれでかわいくていいんですけど、どう使うんだろう?と思っています。自分では使わずにおいてあります)


じゃあどうするのかと。

これは、人によって対処方法は様々だと思うんで、他の方々も後々ネタにされるんじゃないかなぁ、などと勝手に思っていますが、私の場合、クリップを使っています。

最大にして唯一のコツは、横から挟まないことです。

クリップでこう
IMGP4553.JPG

はさんでしまうと、蛇腹をひろげようにもひろがらなくなってしまいます。
IMGP4554.JPG


それを回避するために、こう
IMGP4551.JPG

一枚だけはさむと、蛇腹をひろげるときにも干渉せずにひろがってくれます。
IMGP4552.JPG

なんか汚い字で「年賀状出す」とかごちょごちょ書いてありますね。何も書いてないページ拾ってくればよかった...。

で、このクリップは何かっていうと、
伊東屋オリジナルのページクリップ
ってやつです。5個入り210円で売っています。

ま、このクリップである必要は全然ないんですが、普通のクリップに比べると頭の部分がちょっと出っ張り気味になるので、指にちゃんとかかるので愛用してます。アイディアメモなんかにもしおり代わりに付けています。

投稿者 Moai : 22:11 | コメント (3) | トラックバック

2006年10月05日

Moai

早速、効用

私事ながら本日 
BONNIE PINK tour 2006 "Under The Perfect Sky" 
最終公演を見てきました。いやー、楽しかったです。

で、こういうところでミュージシャンが告知することって、
だいたいほっといてもいいんですよね。
知っていることだったり、とりあえず流しちゃってもいいことだったり。

ニューアルバムが出るとか、本を出したとか。

アンテナ張っていればそう遠からずまた情報が入ってくるっていうパターンが多い。

それで全く油断していたのですが、今日は

「11日の深夜にテレビの生放送で歌う」

という、ほっといたらまず確実に忘却の彼方に飛んでいって、
12日の朝に思い出して思わずのけぞるような情報を告知してくれました。

で、ここ数日はA7メモをワイシャツの胸ポケットに入れているので、すかさずメモ。
手元暗いけどなんとか書けてます。

「11日 夜中 オンガクバンヅケ」

くだらないこともくだることもイロイロ書いていますが、こういうこともあるんだなぁ、と。

実際、この原稿を書くためにメモを見返すまでは、脳内変換されてて
「8日深夜」だと思っていました。危ない危ない。

投稿者 Moai : 22:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月02日

Moai

はじめましてのご挨拶

みなさんはじめまして。Moaiといいます。

「超」整理法から「超」整理手帳に流れてきている、古参のユーザーです。

自分用の決めごとって、気がつくとだんだん流れていってしまってなかったことになりがちじゃないですか?特に面倒なものは。

僕はそういうところがけっこうあります。けっこうどころか、まずそうなります。断言することだろうか。まあいいや。
で、「超」整理法を使いだしたのも「面倒でない」という理由が一番大きいんですね。
いや、それで運用うまくいけばいいワケですしね。実際「超」整理法はそれでうまくいくんですし。


そんなですから、手帳についても、シンプルに使っているつもりです。
イロイロ工夫し、決めごとを決めて、っていうのも憧れるんですけど、自分で追いつかなくなりますんで。

そーいうやつがあまり構えないで使っているとどういう使い方になんのか、というあたりをご覧いただこうかと思っています。よろしくお願いします。

投稿者 Moai : 07:00 | コメント (0) | トラックバック

「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.